Topics

画像をアップロード

塗装・防水・リフォーム工事、空き家の管理・再生なら高品質低価格の有限会社 名建におまかせ下さい!

当社の豊富な経験と技術、直接施工ならではの、高品質・低価格な施工を提供しております。ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
【お問い合わせ先】
TEL: 0569-84-7533
メール: yosio440440@msn.com

塗装工事

外壁塗装の必要性

建物の外壁に主に使用されているモルタル、コンクリート、サイディングなどの素材は水に弱く、長年の雨や風、紫外線などにより表面を保護している塗装膜が劣化すると水分が内部に入り込み壁材や基盤が腐食してしまいます。このため屋根や外壁などの雨で濡れる場所に色あせやヒビ、汚れやカビ、藻などが発生し、一番に傷んできます。そこで定期的に塗料で防水保護をしないと家の寿命を大きく縮めてしまいます。
建物の寿命を延ばすためには、定期的な外壁塗装などで防水効果を高め、内部への雨や湿気の浸入を防ぐ必要があります。また、色あせて汚れた外壁は見た目も悪くなりますので、外壁塗装を行うことで新築と同じような美観を保ち資産価値を高めることにもつながります。一般的に新築の場合には、8年~10年位が外壁の塗り替えの目安と言われます。早めに修繕・塗装をすれば、工期も短く・費用も抑えることができます。

塗り替え時期の目安

外壁に下記のような劣化現象が見られる場合は、外壁の塗り替え時期であると言えます。

チョーキング

塗膜の表面が、手でなでると黒板に用いるチョークの粉のようなものが付く現象。塗膜の保護機能がなくなっている状態。

ヒビ割れ
(クラック)

壁にヒビ割れが発生する。(一般に1~3mmのヒビ割れだと雨漏れの可能性がある)

カビ、藻

カビ

カビや藻の影響で塗料の劣化を早める。 能性がある)

塗膜の浮き・剥離

外壁から塗料が浮き上がっていたり、剥がれていると水が侵入する。

欠落

モルタル部やコンクリートが落ちた状態。

さび

鉄部のサビによって欠落の原因にもなる。

屋根の塗装

屋根は建物の中で紫外線や雨風の影響を最も受ける場所です。5年以上経過すると塗装膜が劣化し、鉄板の伸縮により塗装膜が割れ始めて塗膜剥離が発生します。

防水工事

防水工事の必要性

コンクリート等で出来た水平な屋上面は常に風雨や直射日光にさらされており、防水層が瓦などの屋根材に代わり雨水の浸入を防いでいますが、過酷な環境であるため劣化を避けられません。防水工事によって劣化をおさえ、建物の寿命を延ばすには、一般に5~10年に一度の防水工事が目安とされています。以下のような症状が現れたらご相談下さい。

防水シートのめくれ、防水塗膜の剥がれ

防水シートのめくれや、防水塗膜の剥がれは、そのまま放置しておくと漏水に発展したり、RCの劣化が大幅に進行しますので早期の発見が大切です。

外壁のヒビ

外壁に入ったヒビをクラックといいます。ここから水が入り込み建物内部の腐食が進行してしまうため、外壁にクラックが見つかったら早急に防水工事を行う必要があります。

その他の症状

上記のほか、以下のような症状が認められたら、防水工事の早急の検討をおすすめします。

  • 屋上表面が泥や砂で見えない
  • 目地のヒビ
  • 目地にコケや草が生えている
  • 水たまりがある
  • ドレン(排水口)にゴミが詰まっている
  • 外壁を手でこすると白い粉がつく
  • ビル外部の鉄階段などの鉄部に、さびや穴がある
防水工事が必要な箇所

水は建物のどこからでも浸入する可能性がありますので、住まいのあらゆる場所で防水は必要不可欠となります。以下のような箇所に劣化が見られた場合は、防水工事の施工時期であると言えます。

屋根、外壁

風雨や日光などによる建物のダメージを防ぐ重要な部分です。特にビルやマンションなどコンクリート製の建物はほとんどが「陸屋根」と呼ばれるフラットな屋根形状ですが、陸屋根の屋上は傾斜がない為、防水・排水の機能維持が特に重要です。屋根や外壁のメンテナンスをおそろかにすると、雨漏りや家屋構造劣化の原因になります。

浴室、キッチン

建物内の湿気が多い場所であるため、屋内の水周りの防水も重要となります。

ベランダ、バルコニー

洗濯などで日常的に使用する必要があるため工事で何日も使えないと不便ですが、「FRP防水」、「超速ウレタン防水」、「アスファルト防水」などは硬化が早いため、これらの場所に向いた防水工法と言えます。一日での工事完了も可能な工法です。

駐車場、地下構造物

たとえアスファルトの打ちっぱなしでも、ヒビなどがあればそこから水が浸透してしまうため防水が必要です。

シーリング工事の必要性

ガラスやサッシ、外装パネルの目地を埋めているシーリング材にヒビや割れが発生した際にはシーリング工事を行う必要があります。シーリング防水には、雨水などの浸入を防ぐだけでなく、建物が地震や風などで動いた場合の目地部の緩衝材としての役割もあるため、ヒビなどの症状が見られたら早期の対応が必要です。

防水工事後のメンテナンス

建物の劣化を防ぐには定期的な防水点検・防水工事を行うことが大切です。また、屋上を日常的に利用したり、美観のため緑化する際には、耐久性の強い素材で施工を行い、施工業者に確認した上、定期的にメンテナンスを行いましょう。

リフォーム全般

リフォーム業務

キッチンやお風呂などの水回りのリフォームはもちろん、お困りごとの解決や増改築までお客様のご希望に合わせて幅広く承っております。住まいのリフォームなら何でもお気軽にご相談下さい。

空き家 管理・再生事業

ニーズの高まりにお応えします!

近年、空き家を所有しているものの、相続・転居・長期入院などの理由で管理が行き届かないという方が増えています。

空き家を放置しておくと…
  • 傷みが早まり資産価値の低下に繋がります。
  • 老朽化で瓦や外壁の崩落、建物の倒壊など、周辺に危害を及ぼす可能性があります。
  • 植栽が繁茂し、環境面で周辺住民に迷惑を掛けることになります。
  • 空き家だと知られると放火されたり、不法投棄・不法侵入など犯罪の温床になるケースもあります。

これらは一例ですが、他にも周辺へのトラブルによる高額な賠償責任など、 放置空き家は様々な問題をもたらしてしまいます。このようなことにならないよう、ご自身で管理ができない方のために、空き家管理を代行します。

空き家管理
通気・換気

室内の窓や収納を開放のうえ換気をし、カビを防ぎます。

サビや下水からの悪臭・害虫を防止するため、蛇口を数十秒開放します。

清掃

室内にたまったホコリの簡単な掃き掃除、拭き掃除など。

雨漏り・
カビ確認

発見が遅れると建物自体の耐久性が落ちるため、天井や壁に異常がないか確認します。

建物外観確認

外壁が荒れていると空き巣の標的になりやすいため、
ヒビやカビ、落書きなどがないか外観の状況を確認します。

郵便物確認

郵便ポストを確認し、回収した書類は処分またはご指定の住所に送付します。

草取り・植木の枝切り

敷地内の雑草の状態、庭木の剪定の要否を確認します。

その他

家屋補修全般
白蟻駆除・防蟻工事など。

リノベーション

空き家”を伝統的な技術をもとにリノベーションし、賃貸または売り物件として再活用していく事業が、空き家再生リノベーション事業です。昭和の家風の外観を残して室内の水周りのキッチン・トイレ・お風呂を中心にリノベーションし、清潔感のある空間にすると共に、耐震補強も行います!

業務内容

塗装1
塗装2

コーキング
防水工事1
防水工事2
空き家管理

メッセージ

画像をアップロード

予算に応じた適正な価格でご提案いたします!

塗装・防水・リフォーム工事・空き家 管理、リノベーションなど、お客様のご希望とご予算に合わせ、最適な工法・材料を選び、ご納得いただけるよう適正な価格でご提案させて頂きます。

会社概要

会社名有限会社 名建
代表者名瀧本 喜夫(タキモト ヨシオ)
所在地愛知県知多郡阿久比町大字白沢字北石根15-2
電話0569-84-7533
FAX0569-89-2144
携帯電話090-7047-5923
建設業許可番号愛知県知事許可(般-2)第043768号
業務内容塗装工事 防水工事 リフォーム全般 空き家 管理・再生事業

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

新着情報

PAGE TOP